打倒ブラタモリ!岩肌から読み解く重い歴史

大谷石地下採掘場跡の壁や天井に刻まれた過去の記憶とは
2019.5.19(日) 牧村 あきこ
生活・趣味
この写真の記事へ戻る
階段横の壁は、白と茶色のまだら模様になっている
壁に目を近づけると白い針状の結晶のようなものが見える
坑内には大きな開口部もあり、多少は外気も流れ込む
大谷石の外壁。「ミソ」と呼ばれる茶色のシミが特徴の一つ
平場掘りで刻まれた横筋は幅が15cm。切り出した五十石の幅と同じだ
大谷では垣根掘りをしたあとに石柱を残しながら平場掘りで掘り進める方法を採用した
拡大画像表示
壁の下半分が機械掘りの跡。鋭い縦方向の切れ込みがみえる
黒い水面から立ち上るようにライトアップの光が渦巻く
改めてよく見ると天井が黒い

ライフ・教養の写真

天皇の外戚で大出世、人柄で愛された渡来系官人
新型肺炎で八方塞がりの韓国、反日に活路
釣りもビジネスも情報戦:木更津のクロダイ釣り
IFAを選ぶ前に知っておきたい注意ポイント
自動運転やAIの「夢」に投資するのは是か非か?
株式配当金を得るためのポイント

本日の新着

一覧
ウイルスを世界に拡散、大国化を急ぎすぎた中国の罪
平均寿命の推移から考える中国の医療水準の実態
川島 博之
新型コロナウイルス騒動で国際貿易に混乱
多国籍企業の慢心があだ、世界の供給網に長期的な影響も
The Economist
縮小する中国自動車市場、新エネ車もついに失速
高級車は好調継続、ハイエンド化が加速
花園 祐
天皇の外戚で大出世、人柄で愛された渡来系官人
平安貴族列伝(6)
倉本 一宏