吉村 剛史のプロフィール

日本大学法学部卒後、1990年、産経新聞社に入社。阪神支局を初任地に、大阪、東京両本社社会部で事件、行政、皇室などを担当。夕刊フジ関西総局担当時の2006年~2007年、台湾大学に社費留学。2011年、東京本社外信部を経て同年6月から、2014年5月まで台北支局長。帰任後、日本大学大学院総合社会情報研究科博士課程前期を修了。修士(国際情報)。岡山支局長、広島総局長、編集委員などを経て2019年末に退職。以後フリーに。主に在日外国人社会や中国、台湾問題などをテーマに取材。東海大学海洋学部非常勤講師。著書に『アジア血風録』(MdN新書、2021)。共著に『命の重さ取材して―神戸・児童連続殺傷事件』(産経新聞ニュースサービス、1997)『教育再興』(産経新聞出版、1999)『ブランドはなぜ墜ちたか―雪印、そごう、三菱自動車事件の深層』(角川文庫、2002)、学術論文に『新聞報道から読み解く馬英九政権の対日、両岸政策-日台民間漁協取り決めを中心に』(2016)など。日本記者クラブ会員。日本ペンクラブ会員。YouTube番組『吉村剛史のアジア新聞録』『話し台湾・行き台湾』(Hyper J Channel)等でMC、コメンテーターを担当。

吉村 剛史の人気記事

最新記事

人事の季節を見据え緊張か、中国駐大阪総領事が“名物”過激ツイートを封印
吉村 剛史2022.7.1
追悼・宝田明さん、戦争を憎み最期までロシアへの不信感を抱き続けた理由
吉村 剛史2022.3.22
「強者に喧嘩売るな」中国“戦狼”総領事、ウクライナに絡め日本・台湾を威嚇
吉村 剛史2022.2.28
台湾の離島奪取も示唆、「愛される中国」の掛け声どこへいった
吉村 剛史2021.12.2
将人权团体当做“害虫”,中国领事馆激烈言论的目的
吉村 剛史2021.11.20
將人權團體當做「害蟲」,中國領事館激烈言論的目的
吉村 剛史2021.11.20
人権団体を「害虫」扱い、中国総領事の度を越した過激ツイの狙い
吉村 剛史2021.10.30
「岸田総裁」に期待する台湾、一世紀以上前から続く岸田家との縁
吉村 剛史2021.10.2
米軍機の人落下を揶揄の中国総領事、日本へほっこりツイのなぜ?
吉村 剛史2021.8.24
共產黨100週年黨慶人造晴天,隔日日本關東、東海地區暴雨
吉村 剛史2021.8.8
共产党100周年党庆人造晴天,隔日日本关东、东海地区暴雨
吉村 剛史2021.8.8
共産党結党100年式典は人工晴天、翌日から関東・東海では豪雨
吉村 剛史2021.7.20
やはりトンデモ説じゃなかった、本誌が伝えた武漢研究所流出説
吉村 剛史2021.6.14
コロナ感染者数、大手紙で朝日だけ香港を中国に合算
吉村 剛史2021.4.12
台湾・蔡英文総統が「日本語ツイート」を続ける理由
吉村 剛史2021.1.27
台湾でじんわり冷めだす「日本語学習熱」
吉村 剛史2020.8.17
台湾の民主化進めた巨人・李登輝氏の日本人への遺言
吉村 剛史2020.8.1
仙台上空「謎の白い球体」で危機管理能力の欠如露呈
吉村 剛史2020.7.4
「WHOが排除」の台湾はなぜ高い防疫力を備えたか
吉村 剛史2020.5.21
台湾女子医学生、WHOテドロス氏の批判に痛烈反論
吉村 剛史2020.4.16