会社員から漁師へ、手作り「魚醤」で産業興し

鹿児島県南さつま市の港町に移住した村主賢治さんの挑戦
2017.11.13(月) 中村 祐介 follow フォロー help フォロー中
地域経済地域振興
シェア100
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
南さつま市の港町、坊津は高齢化が進み、元漁師たちが波止場で釣りを楽しむ様子が見られる(筆者撮影、以下同)
坊津蔵の代表、村主賢治さん
坊津はリアス式海外で国指定名勝でもある。写真向こうに見える二本のそびえ立つ巨岩は双剣石。江戸時代、歌川広重に画題として用いられもした
港の近くにある工房に並ぶ魚醤たち。トカラ時代からの魚醤も多くある
発酵を促すために定期的に撹拌作業をする
95度で15分煮立て発酵をとめ、細菌を死滅させたあとコーヒーフィルターで漉していく。コーヒーフィルターというのが手作り感満載でなんともいい
手造りの燻製室。燻製は30度~38度で1時間薫じたあと、50度~60度で8時間薫じる。60度以上だとタンパク質の変成が起きるのを嫌ってとのこと。そして最後の1時間は70度~80度で殺菌を行う
パッケージ化された燻製の商品群。未利用、低利用の魚を活用している。焼酎にぴったり合う

地域の写真

再選狙う小池都知事がぶち上げていた「満員電車ゼロ」「多摩格差ゼロ」の鉄道整備計画は本当に実現できるのか?
子どもの後継者が急減!中小企業の事業承継「息子に継ぐ」が4割未満に、後継者難・高齢化で経営者が伝えるべきこと
球磨川の治水計画、まるで「107.5mのダムを造ることが目的」かのよう、これでは流域住民の命は守れない
《地方の光る中小企業》1000km超の「遠距離」企業連携から生まれたEV向け高効率モーター部品
都知事選は国政の代理ではない!真っ先に争点にすべき「1400万都市・東京」が抱える大問題
人口減少と高齢化に苦しむ“限界ニュータウン”再生のカギ、「千里」と「桃花台」はどこで明暗が分かれたのか?

本日の新着

一覧
これぞ究極の学歴至上主義、小池百合子候補の「知事失格」
学歴詐称問題で都知事候補の低見識は「都民ワースト」
伊東 乾
田原総一朗に聞いた、朝生で天皇の戦争責任を取り上げた時の衝撃
【著者に聞く】『全身ジャーナリスト』が描き出す、90歳のタブーなきジャーナリストの理念と軌跡
長野 光
会社の害虫図鑑(16)イタバサミ虫 ワークライフバランス重視で管理職がメンタルを病む、解決策は実はシンプル
生息地:働き方改革中の職場/特効薬:「クラウド」
岸良 裕司
『光る君へ』と『鎌倉殿の13人』の意外なつながり、源頼朝と上総介広常、千葉常胤との宿縁
西股 総生
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。