“外からの視点”が高校と地域を元気にした!

北海道・当別町に見る、町おこしに必要な「視点」
2017.2.27(月) 有井 太郎
記事へ戻る
当別町から見た石狩平野。 Photo by Hiroyuki Takeda, under CC BY-ND 2.0.
國學院大學法学部の稲垣浩准教授。東京都立大学大学院社会科学研究科政治学専攻博士課程単位修得退学。北海学園大学法学部講師を経て現職。博士(政治学)。主著に『戦後地方自治と組織編成--「不確実」な制度と地方の「自己制約」』(吉田書店)など。

地域の写真

企業とスポーツとの協働が注目される理由
函館発、笑うに笑えない日本全国インバウンド音頭
地域再生のカギ「官民連携」はなぜ進まないのか
外と“半開き”、企業内コワーキングスペースの戦略
「たまたま」と「わざわざ」がつながりと仕事を作る
地方創生×オープンイノベーションのチカラ

本日の新着

一覧
人生の深い充実感はスマホだけでは手に入らない
『デジタル・ミニマリスト 本当に大切なことに集中する』
HONZ
近視と老眼に救世主? 脳に働きかける視力回復法
脳をよくすることで、視力をよくする「ガボール・アイ」
平松 類
天皇の「継承」制度、世界の中でいかに特殊なのか
ダライ・ラマ、ローマ教皇との共通点と相違点
佐藤 けんいち
つくづく思う、ラグビーはいいスポーツだ
ラグビー日本代表を讃える言葉が見つからない
筆坂 秀世