日米両首脳はなぜ中国の脅威から目を背けるのか

安倍首相もオバマ大統領も現状認識が甘すぎる
2016.1.28(木) 北村 淳
記事へ戻る
2013年に本コラムに掲載した人民解放軍の長射程ミサイル(弾道ミサイル、長距離巡航ミサイル)による対日攻撃態勢図。このような対日攻撃準備は現在も強化されている。そして、移動式地上発射装置によって地上からのミサイル攻撃を担当する「第二砲兵部隊」は2015年12月31日をもって「ロケット軍」に格上げされた。また、日本とアメリカが取り揃えている弾道ミサイル防衛システムを打ち破るための極超音速グライダーも開発されている。
拡大画像表示

政治経済の写真

「下痢」を起こす東京の下水道
「お笑い化」するNHK受信料
有志連合への決断遅れは安保審議怠慢のツケ
中国に忖度?ヘタレ「トップガン」に米国で怒りの声
文在寅政権で急増、大量破壊兵器転用物質流出
アルゼンチン危機、再びデフォルトの恐れも

本日の新着

一覧
有志連合への決断遅れは安保審議怠慢のツケ
「油」断は日本の安全そのものだ
森 清勇
「お笑い化」するNHK受信料
N国のドタバタに笑っている場合ではない
池田 信夫
十字架冒涜で炎上、インドネシア著名イスラム説教師
「多数派」イスラム教徒の独善で軋みだす「寛容の国」
大塚 智彦
「下痢」を起こす東京の下水道
お台場「大腸菌」ダダ漏れのリスク管理
伊東 乾