日米両首脳はなぜ中国の脅威から目を背けるのか

安倍首相もオバマ大統領も現状認識が甘すぎる
2016.1.28(木) 北村 淳
この写真の記事へ戻る
2013年に本コラムに掲載した人民解放軍の長射程ミサイル(弾道ミサイル、長距離巡航ミサイル)による対日攻撃態勢図。このような対日攻撃準備は現在も強化されている。そして、移動式地上発射装置によって地上からのミサイル攻撃を担当する「第二砲兵部隊」は2015年12月31日をもって「ロケット軍」に格上げされた。また、日本とアメリカが取り揃えている弾道ミサイル防衛システムを打ち破るための極超音速グライダーも開発されている。
拡大画像表示

政治経済の写真

新型コロナ、日本のぬるい対応に世界から批判の声
実はトランプや習近平が「優れたリーダー」な理由
法治国家の終焉:稲田検事総長は退任すべきでない
新型肺炎にトランプ激怒、大統領選の火種に
新テストの問題はゼロから作り直さねばならない
懲戒解雇と諭旨解雇、同じ「クビ」でもこんなに違う

本日の新着

一覧
新型コロナ、日本のぬるい対応に世界から批判の声
「先手、先手」ではなく「後手、後手」
筆坂 秀世
ビッグテックの驚異的な暴騰
5社の時価総額が2兆ドル増加、こんなことがいつまで続くのか?
The Economist
実はトランプや習近平が「優れたリーダー」な理由
米国大統領選や新型コロナ騒動にみるそれぞれのリーダーシップ
朝比奈 一郎
84年前の2・26事件が招いた「意図せざる結果」
オリンピックイヤーの閏年に大事件は発生する
佐藤 けんいち