あの「巨大鳥」が人類の積年の悩みを解決する

ダチョウと格闘し、取り出した「抗体」とは?
2012.7.20(金) 菅谷 淳夫
記事へ戻る
ダチョウの卵で、人類を救います アトピー、新型インフルエンザ、HIVも撃墜する夢の抗体発見秘話』(塚本康浩著、小学館、1300円、税別)
『ダチョウの卵で、人類を救います』を著した、京都府立大学教授で獣医学者の塚本康浩氏。子供の頃から、鳥を飼うのが何よりも好きだったという。(撮影=小平尚典)
専用の飼育舎で飼われているダチョウの雌。ダチョウ抗体を開発するために塚本氏が経営している会社では、約500羽のダチョウを飼っている。(撮影=足立和英)

ライフ・教養の写真

近代日本を牛耳った長州閥はこうして形成された
東大で行われているセンターオブイノベーション
宗教改革をより強固にしたルターのマーケティング力
ジャイアンツはこのまま独走してしまうのか?
ゴーヤーの苦味生合成経路、「金平糖解析」で解明へ
中国共産党のウイグル弾圧は日本でも行われていた

本日の新着

一覧
世界中を震撼させた京アニ・ガソリン放火無差別殺人
銃や爆弾、トラックなどより超低コストの凶器に規制不可欠
伊東 乾
次の50年、宇宙探査の新時代が始まる
宇宙の繁栄には法の支配と軍備管理システムが不可欠
The Economist
近代日本を牛耳った長州閥はこうして形成された
戦前のエリート集団「長州閥」の栄光と衰退(1)
花園 祐
「打つ手なし」の文在寅がトランプに縋った「仲介」
日本はもはや韓国の「ゴネ得外交」に付き合うべきではない
武藤 正敏