膨大な田畑を作り出したのは、基本的に鉄砲と同時にメイソンが導入した開削と築城防御、石垣や土嚢を積み上げて地形を積極的に作り出すイノベーションです。

 堤防とは、つまり、食糧を生み出し飢えを繁栄に変える「城郭石垣技術」の転用であって、お城の周りには堀がめぐらされますが、その水路は必ず掘割として水源と安全に接続され、さらに延長には田畑を潤す用水の整備があったわけです。

 具体例で見てみましょう。

千曲川と越辺川
新田開発のあしもと確認

 例えば千曲川が氾濫した長野県長野市や中野市、小布施町の地理を確認してみます。

「千曲川」という名が示す通り、千回ほども曲がる、すなわち川が蛇行している。

 これは妙高と白根、2つの山地の間に挟まれた谷合にできた土壌の柔らかい沖積平野を、双方の山の頂から供給される豊富な水量の川が抉ってクネクネと曲がっているわけです。

 そもそもは水が溢れれば川の流路も変わり、原始人には手のつけられない湿地であった時期が長かったことでしょう。

 氾濫したエリアは、長野市付近で千曲川と犀川が合流して水量が増え、さらに下流の信濃浅井では浅川、鳥居川も合流する、「落ち合い」の中心に当たり、エリアには「津野」「相之島」「赤沼」「長沼郵便局」など、元来の地形をとどめる地名が並びます。

 一体はかつては湿地というより川~沼であったものが、戦国以降の護岸工事などで豊かな田畑として再生し、数百年に及んで地域に食料と繁栄をもたらした新田エリアであったことが見て取れます。

 それが、グローバルな地球環境の変化、気候変動によって、太平洋の海水が豪雨としてもたらされ、ここ300~400年来の均衡を脅かされている。

 これが、いま到来している危機の本質と思われれます。もう一つ、別の決壊現場を確認しておきましょう。

 埼玉県川越市、東松山市、坂戸市など越辺(おっぺ)川、都幾川周辺の洪水も、まさに同様の地理を持つエリアで発生しています。