多様な民族と国が溶け込むインドネシア・メダンの食

人々と文化の交流が生み出した独特の食文化

2019.01.11(Fri) 佐藤 成美
筆者プロフィール&コラム概要

「ケトプラックメダン」は、豆腐やビーフンをピーナツソースで混ぜたもの。ジャカルタやバリで食べたピーナツソースの料理は甘かったが、こちらはずいぶん辛い。ジャカルタやバリで食べたスープや炒め物などの料理も、もっとあっさりしていた記憶がある。

 その他の料理も含めて、メダンの料理は濃厚で辛いのが特徴だと思った。

混ぜることで複雑な味わいが出る

一皿にさまざまな食べ物を入れ、混ぜて食べる。マリオットホテルにて。

 ホテルの朝食のビュッフェでも、ロントンが並んでいた。「ロントンは一番好きな食べ物。毎日朝ごはんに食べます」とホテル従業員のアンディさんは言う。ジャカルタで食べた、葉に包まれた「クトゥパ」というお米と似ている。違いを聞くと、「クトゥパはお米をヤシの葉で包んで蒸したり、ゆでたりしたものです。ロントンはバナナの葉で包んだもので少し緑色をしている。メダンやパダンなどスマトラ島ではよく食べます」と説明してくれた。

 ロントンのコーナーには、カレー、サユール、タウチョという3種類の汁もの、それにピーナツやトウガラシからなるサンバルが並んでいた。タウチョは大豆の発酵食品で、日本の味噌のようなものだ。どうやら1種類の汁物にロントンを入れて食べるのだろう。

(上)ロントン。(下)ロントンを盛り付けたスープ。

 ところが、ホテルの人に取ってもらうと、それらがすべて同じ皿に一緒に盛られた。すべてを混ぜて食べるらしい。びっくりしたが、言われた通りに混ぜて食べると、複雑なうまみが効いておいしい。混ぜる割合にも秘訣があるのだろうか。

 朝食のビュッフェではロントンのほか、日替わりでご飯、ヌードル、ピタパンといった各炭水化物のコーナーに、数種のおかずや汁、トッピングが並んでいる。翌日以降もホテルの人に盛り付けてもらうと、ロントンのときと同じようにすべてを1つの皿に一緒に盛り、混ぜて食べるようにと言われた。ご飯でも、パンでも、おかずと汁をすべて混ぜるのである。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る