ジャズは歌詞を知ると100倍楽しくなる(著者のジャズライヴより)

 あったかもしれない人生――。これまで続いてきた人生を見つめ直し、いったんリセットしたくなるときがある。新しい人生を始めるのは勇気がいるし、不安もある。でも、せっかくなら違った人生を経験するのもいいんじゃないか。

 「このまま一本道の人生でいいだろうか」と迷う人、いままさに新しい人生の扉を開こうとしている人。そんなとき、歌詞の意味を味わいながら聴くジャズはあなたの心に染みるはず。前回に続いてジャズボーカルの楽曲を訳詞とともに紹介しよう。

前回の記事はこちら
歌詞を味わうことで、より心に染みるボーカル8選 上
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/52725

 本文中で紹介する訳詞は曲の一部にとどまる。曲全体の訳詞をお知りになりたい場合は、東エミのジャズ&洋楽訳詞集「Groovy Groovy ~and all that jazz~」を参照してほしい。

My Favorite Things サラ・ヴォーン

「そうだ京都、行こう。」のキャッチコピーでお馴染みのJR東海のCMソングと言ったらピンとくるかもしれない、邦題は「私のお気に入り」。元は映画『サウンド・オブ・ミュージック』の中で歌われた楽曲の一つで、ジュリー・アンドリュース演じるマリア先生が雷を怖がる子供達をなだめるシーンで登場する。歌詞は自分の好きなものをただ並べただけというユニークな構成だ。“お気に入り”をたっぷり13個述べた後でこう結んでいる。

犬に噛まれたとき、蜂に刺されたとき、悲しい気分のとき
私のお気に入りたちをただ思い出すの
そうするとつらい気分もしなくなるわ

 子供に向けた単なる教訓といったところだが、自分の好きなものを思い出すという作業は、思いのほか大人の私たちにも気づきを与えてくれるように思う。

 人生100年の時代が到来すると言われる今日、新たな別の人生の扉を開いてからも日々はたっぷりある。時間という財産を手にするその時、胸の中に閉じ込めてきた幼い頃の夢や好きだったものを思い出すのは、心を満たしながら悠々たる時の流れに乗るための鍵になるかもしれない。童心に感じた楽しさや喜び、夢中になって身につけたことは、そう簡単に消えるものではない。

 そんな心の声に耳を傾ける一人の時間には、ギターとウッドベースに合わせて静かに歌う名匠サラ・ヴォーンSarah Vaughanで聴くのはどうだろうか。ここで紹介する彼女のアルバム『After Hours』は全曲温かみあるアコースティックサウンドに仕上がっていて、ジャズボーカルの良さを余すことなく味わえる、非常にお薦めな一枚だ。

※「My Favorite Things」全訳はこちら