もはや食卓の主役?
お手軽“時短”料理の勢いが止まらない

「働きながら料理もしたい」ニーズに対応

2014.08.01(Fri)白田 茜

 冷凍食品やレトルト、瓶詰めされた食品などは以前からあるが、最近では容器の中で「調理」できる特殊な容器も開発されている。容器の中にはカットして下味がついた食品があらかじめ入っており、電子レンジで加熱するだけで“調理完了”となる。容器内で発生した蒸気を調整し、電子レンジでスチーム調理ができる仕組みだ。時短や個食化、栄養バランスなどのニーズへ対応できる新商材として開発されたという。首都圏のスーパーの一部で販売されており、今後も種類を増やして展開する予定だという。

生活の変化に合わせて現実的な商品の提案を

 「時間がないのであれば、なぜ外食をしないのか」という疑問があるかもしれない。しかし、家計をやりくりしている一般家庭にとっては、毎日外食するのは高くつく。どうやって経済的でおいしい食事ができるかに頭を悩ましているのだ。

 一方で、“家庭料理が崩壊している”と嘆き、半調理品や冷凍食品、惣菜を後ろめたいものとして捉える考えもある。しかし、専業主婦が減り物理的に家事に割く時間が少なくなってきている生活の中で、いかに効率的に、かつおいしく栄養をとるか、という現実的な方法を探っていかなければならない時代にきているのではないだろうか。

 料理の時間は短くしたいが、おいしいものが食べたいし満足感も欲しい、というのが多くの人の本音だろう。今後は、時間がないときは惣菜やレトルト、時間に余裕のある週末には素材から作るといった具合に、シーンによって使い分けるのが当たり前になってくるのかもしれない。もちろん、食品の生産、流通、小売の各段階で食品の安全・安心を確保することは大前提だ。

 そして、これまであまり料理をしなかった男性や高齢者向けにも、工程を省いた簡便な料理を提案すれば、新たな顧客開拓につながる可能性がある。

 「時間は短く」「工程は少なく」が前提で、どれだけ消費者に満足感を与えることができるのか。現実的な商品・サービスを提案することが小売に求められている。

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る