イタリア人男性に恋とワインを学ぶ

男と女のワイン学(レッスン18)

2012.08.21(Tue)平野 美穂

 また、イタリアでは、恋人を家族に紹介するまでは、正式に交際していることになりません。たとえ家族に紹介しても、「友達」として紹介しているうちは、「公認の恋人」とは言えません。ただし、恋人と認められれば、家族行事に必ず招かれるようになります。

 では、イタリア人男性の「女性を見ればすぐ口説き、恋人を次々に替えていく」というイメージはどこからきたのでしょうか。イタリア人に言わせると、実はそのイメージは、アメリカでつくられたものだとのことです。

 アメリカに移住したイタリア系アメリカ人は、カトリック教会の規制から解き放たれた解放感からか、行動力があり、甘いマスクで女性に大変もてるそうです。それを見たアングロサクソン系のアメリカ人が嫉妬して、「イタリアの男は女好きで、軽い」と広めたというのです(真偽のほどは分かりません)。

日本人男性は「アスパラのベーコン巻き」を目指せ

 最近、日本男性の草食化を嘆く声が多いようです。もしかしたら、日本では恋愛や結婚に対する制約が少なく、自由過ぎることが、男性が草食化する一因になっているのかもしれません。恋愛の環境が恵まれているために、逆に恋愛に対するエネルギーが失われているということです。

 しかし、ここはやはりイタリア人男性を見習って、女性を褒めて食事に誘う行動力を身につけてほしいもの。

 食事に連れ出したら、あとはワインの力を借りてロマンティックな夜を演出してみましょう(ただし、ワインに飲まれないよう注意してください。気が大きくなって失言したり失態を見せては元も子もありません)。

ソアベ・クラシコ(湘南ワイン

 女性を緊張させない気さくなワインを選ぶなら、イタリアワインがお薦めです。蜂蜜のような薄い黄色で、柑橘系の香りも楽しめる、コクのある辛口の白ワイン「ソアベ・クラシコ」や、辛口のロゼワインはいかがでしょう。

 食事はアスパラのベーコン巻きを合わせるとベストです。最近は、草食に見えて実は肉食という「ロールキャベツ系」男子がもてはやされていますが、元来の気質を変えるのは難しいもの。日本の草食系男性には、一見肉食、実は草食の「アスパラのベーコン巻き系」を目指すことをお勧めします。

 身だしなみに気をつかい、女性に優しい草食系男子は、実は日本人女性の求めに応じて登場してきたとも言えます。無理して自分を変える必要はありません。特に女性が「あねごキャラ」の場合は、あえて「弟キャラ」を演出して甘えてみるのも有効です。

 あとはモテるイタリア人男性を少しだけ見習って、女心をくすぐるロマンティックな雰囲気とワインを必ず添えましょう。

いかがでしたか?
JBpress をブックマークしましょう!
Twitterで @JBpress をフォローしましょう!
Facebookページ に「いいね」お願いします!

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る