ついに鎌倉に入った源頼朝が、武士たちと最初に行ったこと

鎌倉殿への道(13)10月7日、頼朝、鎌倉に入る 
2021.10.7(木) 西股 総生 follow フォロー help フォロー中
生活・趣味歴史
シェア9
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
鎌倉の源氏山公園に建つ頼朝像 撮影/西股 総生(以下同)
三方を丘陵に囲まれた鎌倉の地に、頼朝は本拠を定めた。画面中央には、鶴岡八幡から由比ヶ浜に向かってのびる若宮通りが見える
鶴岡八幡宮。頼朝の祖先の頼義が石清水八幡から分祀して、由比に勧請した社だが、鎌倉に入った頼朝が現在の場所に祀って以後、鎌倉の中心となった

ライフ・教養の写真

幸せってなんだ?時代のムードに流されて「幸せへの道筋」を見失わないために
日銀が買ったETF、いまやプライム市場全株式の時価総額の7% 世界に例のない中央銀行の株価下支えスキームの出口は
長屋王の子孫・春枝王に見る、平安時代における皇親の政治的役割と没落
玄人好みの名城の代表格・福井城がたどった数奇な運命、徳川家康の次男・結城秀家を配したタダモノではない城
浄土宗はなぜ人々を惹きつけたか?開祖・法然の教えと歴史、国宝「早来迎」「綴織當麻曼荼羅」など、ゆかりの名品
【定番名品シリーズ】万能にして洒落感も兼備する「ハイゲージニット」ならこの5つ、名門から日本の新鋭まで

本日の新着

一覧
日銀が買ったETF、いまやプライム市場全株式の時価総額の7% 世界に例のない中央銀行の株価下支えスキームの出口は
【やさしく解説】ETFとは
フロントラインプレス
憧れて入社した会社の「耐え切れない」働き方、有望な若手記者はなぜ新聞社を去ったのか?
「生きていてよかったと思えるような時間を増やしたい」小山美砂さんの場合
韓光勲
玄人好みの名城の代表格・福井城がたどった数奇な運命、徳川家康の次男・結城秀家を配したタダモノではない城
通好みの名城・福井城(前編)
西股 総生
長屋王の子孫・春枝王に見る、平安時代における皇親の政治的役割と没落
平安貴族列伝(49)
倉本 一宏
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。