中国・上海の道路

(花園 祐:中国在住ジャーナリスト)

 中国汽車工業協会によると、2018年上半期における中国での自動車の生産台数は前年比13.7%減の1213.2万台、販売台数は同12.4%減の1232.3万台となり、ともに2桁減を記録しました。

 単月販売台数は12カ月連続の前年同月比マイナスが続いています。2018年は、通年では28年ぶりとなるマイナス成長を喫しました。このままでは2019年も2年連続の市場縮小になると、市場からは既に諦めにも似た声が出ています。

 ただそうした逆風の中、日系メーカーの自動車は販売を伸ばし続けており、市場シェアもここに来て急拡大しています。背景には、輸入関税引き下げやハイブリッド(HV)車種の好調な売れ行き、在庫管理の優位などが指摘されています。

中国全体で消費が低迷

 乗用車市場信息聯席会(以下「乗聯会」)によると、2019年6月単月の乗用車販売台数は前年同月比8.1%減の1685万台でした。マイナス幅は前月までの2桁から1桁に縮小してはいるものの、単月のマイナス成長はこれで12カ月連続となりました(下のグラフ)。

 一部アナリストからは、「年後半にかけて巻き返す」「在庫消化段階は終わりを迎えつつある」などという意見も出ています。しかし米中貿易摩擦などの影響から、このところ自動車に限らず中国全体で消費の落ち込みが見られ、「これから巻き返せる」という意見はやはり楽観的過ぎると筆者には感じられます。