眠れぬ夜があった氷点下ビールの開発

市場を急拡大する「アサヒスーパードライ エクストラコールド」の秘密

2013.03.18(Mon)JBpress

佐藤 構造そのものを変えるぐらいの大胆な発想をしないと、機材は小さくなりません。どんな構造があり得るかを考えると、ペルチェ素子しかなかったんです。

 ビールを冷やす方法は、大まかに分けると次の3つが考えられます。まず、エアコンや冷蔵庫みたいにコンプレッサーを使って冷やす方法。次に物質の化学反応で冷やす方法。そして、ペルチェ素子のように電気を使って冷やす方法です。

 この中でコンプレッサーを使う方法では従来と同じ設備になってしまうので、機材を小さくすることはできません。また、物質の化学反応は人体への危険性を考えると使えない。となると、電気しかないんですね。

機材の幅が半分になった

──C3ユニットを使って、具体的にどうやってビールを氷点下にするのですか。

佐藤 ビールが通るステンレスのチューブを、アルミニウムのブロックで覆います。そのアルミブロックの上にペルチェ素子を張り付けます。ペルチェ素子に電気を通すと素子がマイナス20度くらいになり、アルミブロックを冷やします。冷えたアルミブロックの間をビールが通って冷却されるという仕組みです。アルミブロックの温度はマイナス2.3度になるように、コンピュータプログラムで制御しています。

──ベーシックタイプに比べて、機材はどれくらい小さくなったんですか。

佐藤 ベーシックタイプはディスペンサーを4台並べていましたが、この方法だとディスペンサーが2台で済みます。1800ミリだった幅が半分の900ミリで済むようになりました。

──ずいぶん小さくなりましたね。

佐藤 他にもメリットがあります。ベーシックタイプよりも機材の洗浄がぐっと楽になったということです。

 飲料店さんでは毎日、営業が終わると、ビールが通るコイル状のチューブを洗浄しています。その際、水をゆっくり流してぐずぐずしていると、チューブの中で水が凍ってしまうんです。そうなるとドライヤーみたいなものでチューブを温めて氷を溶かさなければなりません。

 けれどもペルチェ素子ならば、電流を反転させてあげればすぐにアルミブロックを温めることができます。もしも洗浄水を凍らせてしまっても、簡単に対応できるというわけです。

スタッフみんなで温度制御プログラムを修正して回った

──C3ユニットの開発ではどんな点が大変でしたか。

この連載記事のバックナンバー
トップページへ戻る