夜でも雨でも観測可能「SAR衛星」が生む新ビジネス

「小型レーダー衛星黎明期」に挑むシンスペクティブ
この写真の記事へ戻る
「SAR衛星黎明期」に打って出るシンスペクティブ。新井元行CEOの狙いとは。
StriXは解像度1~3m、70cm立方、アンテナを広げると幅5m、重さ100kg以下、コスト5億円以下を狙う。2021年に商用1号機を打ち上げ予定で、その後は量産体制に入る。
シンスペクティブ創業者でありCEOの新井元行氏。米系コンサルティングファームにて、 5年間で15を超えるグローバル企業の新事業/技術戦略策定、企業統治・内部統制強化などに従事。その後、東京大学での開発途上国の経済成長に寄与するエネルギーシステム構築の研究を経て、サウジアラビア、バングラデシュ、ラオス、カンボジア、ケニア、タンザニア、そして日本の被災地等のエネルギー、水・衛生、農業、リサイクルにおける社会課題を解決するプロジェクトに参画。
JAXA新事業促進部 事業開発グループ J-SPARCプロデューサーの藤平耕一氏。シンスペクティブとの共創担当を務める。

国内の写真

日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本
天皇に関係する場所が深い“森”に覆われている理由

本日の新着

一覧
韓国で感染急拡大の新型肺炎、ほくそ笑む大統領
事実上の厳戒令発動で、勝機が見えてきた選挙戦
福山 隆
「コロナは米国のバイオ兵器」と情報操作するロシア
眉唾の怪情報の出所はこんなところにも・・・
山田 敏弘
船内サービスで蔓延した「ウイルスのデリバリー」
検疫停泊中に広がった病原体、悪化した症状
伊東 乾
新型コロナウイルス、相変わらず無意味な報道ばかり
いたずらに不安を煽る人間や報道のやり方が気に入らない
勢古 浩爾