はやぶさ2のタッチダウン、成功のための4のポイント

3億km先の半径3mに挑戦、牙をむく小惑星リュウグウの懐へ
2019.2.22(金) 林 公代
研究開発宇宙・物理
記事へ戻る
小惑星リュウグウにタッチダウンを行う「はやぶさ2」のイメージ図。(提供:JAXA)
着陸目標地は最終的に2カ所に絞り込まれた。そして、狭いがターゲットマーカー(図中TM)に近いL08-E1(緑色)に決定した。(提供:JAXA)
津田雄一はやぶさ2プロジェクトマネジャー(中央)。(提供:JAXA)
リュウグウ表面の地名。赤い点が着陸目標地点。(提供:JAXA)
拡大画像表示
(提供:JAXA)
拡大画像表示
【動画:画像をクリックして再生】 JAXA作成のタッチダウン直前の探査機の動き。(提供:JAXA)
3000分の41のリュウグウ表面の模型。岩だらけのリュウグウ表面を赤く囲まれたエリアを目指し、はやぶさ2は着陸する。赤い点はターゲットマーカーの位置。

国内の写真

日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本
天皇に関係する場所が深い“森”に覆われている理由