『半分、青い。』がいつまでも続くことを願う街

問題はブームが去ったとき インバウンドに走るのか?
この写真の記事へ戻る
岩村町城下町の「本通り」(筆者撮影、以下同)
岐阜県恵那市岩村町の位置(Googleマップ)
拡大画像表示
住民が足並みを揃えて建物の表構えを修理し、街の統一感を生み出している
各戸の軒先に佐藤一斎の語録が飾られている。言志四録の中の一節「胸次虚明なれば,感応神速なり」と書かれている。意味は「胸の内がからっぽで透明であれば、万事に誠の心が通じて、その感応は実に神の如く迅速である」(川上正光 現代語訳)

地域の写真

激変する雇用環境、再び就職氷河期を生まない方策は
コロナ禍機に究極の働き方改革を
繋がれ、コロナで困窮する人と「行き場失った食品」
置き配泥棒も増加?外出自粛のもう一つの負の側面
コロナで急増する食品ロスをいかにして解決するか?
人員不足の売場で売上増加、小規模スーパーの工夫

本日の新着

一覧
感染者急増のインドネシア、活動制限令への不満充満
大規模社会制限でも感染者減らず、効果に疑問の声も
大塚 智彦
伝染病対策の原点、明治初期の「コレラ感染届出書」
『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第38回)
柳原 三佳
次のステージに入るCOVID-19対策
ロックダウン解除、「いつ」「なぜ」「どのように」の問題
The Economist
昼食後の猛烈な眠気には理由があった
【連載】パンデミック時代の健康管理術(第7回)
近藤 慎太郎