NYからいきなり土佐に移住した日本人学者の挑戦

エデュケーションの本質を問う─選択肢を増やす力、選択する覚悟
2017.8.7(月) 中村 祐介
地域振興教育
記事へ戻る
高知県土佐町の早明浦(さめうら)ダム。吉野川の治水と四国地方全域の利水を目的に建設された
瀬戸さんは、当時を振り返りながら話をしてくれた(土佐町役場にて)
瀬戸さん主催のアイデアソンや座談会などのワークショップの様子。学生、役場職員、議員、子連れの町民など町内外から様々な人が集まる
新生児を抱く大人と一緒に発表する学生

地域の写真

函館発、笑うに笑えない日本全国インバウンド音頭
地域再生のカギ「官民連携」はなぜ進まないのか
外と“半開き”、企業内コワーキングスペースの戦略
「たまたま」と「わざわざ」がつながりと仕事を作る
地方創生×オープンイノベーションのチカラ
「自治体CDO」の役割を神奈川県副知事が語る

本日の新着

一覧
「IS兵士大量脱走」でインドネシアが厳戒態勢に
インドネシア、マレーシアが恐れる「自国出身テロリスト」の帰還
大塚 智彦
ものすごく「臭かった」多摩川氾濫
本質的に再検討すべき下水インフラ
伊東 乾
災害に負けない日本とラグビー快進撃
日本人の伝統精神で世界の経営をリードする時代が到来
瀬口 清之
大都市の防災インフラ投資は収益が上がる
堤防の建設に「地元の意見」を聞いてはいけない
池田 信夫