ヤンゴンに突如出現した"丸の内仲通り"

日本の協力で開催されたイベントにミャンマー人が大フィーバー
記事へ戻る
2016年12月中旬、ダウンタウンで行われた歩行者天国には、2日間で約9万人が訪れた(=調査団提供)
歩行者天国となった2本の通りには、靴や傘など、ミャンマー各地の特産品を扱う露 店も多く出店され、観光客が地元の人々が多く足を止めた(=調査団提供)
2月上旬にはミャンマー国鉄に対しヤンゴン環状鉄道の最終報告が行われた
通りのイルミネーションに使われた灯りが並べられている前では、記念撮影をする親 子の姿も見られた(=調査団提供)
歩行者天国では、伝統舞踊が披露されるなどミャンマー色が強く打ち出された(=調査団提供)
ワークショップの参加者たちは、数人ずつグループに分かれて街の将来像を 熱心に語り合った
歩行者天国のフォローアップ企画として開かれたワークショップでプレゼンする 今井さん(左)。周囲の壁には在りし日のヤンゴンの街角の写真が飾られている
2016年8月から行ってきた調査結果をヤンゴン管区の要人に手渡す平野さん(左)

国際の写真

日韓関係の「泥沼」、両首脳の器量不足なら長期化も
中国の親はなぜ恐ろしいほど教育熱心なのか
世界経済の脅威となったフーシ派のドローン攻撃
大統領とメディアの戦い、本家は米でなくフィリピン
中国共産党のウイグル弾圧は日本でも行われていた
「親中」に逆風が吹き始めた台湾総統選

本日の新着

一覧
宗教改革をより強固にしたルターのマーケティング力
【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第26回)
玉木 俊明
ジャイアンツはこのまま独走してしまうのか?
井端弘和氏に聞く、セ界一強を止めるチームとは?
黒田 俊
日韓関係の「泥沼」、両首脳の器量不足なら長期化も
日韓ともに決定的に欠く相手の立場から思考する習慣
舛添 要一