すべての親に勧めたい「本当に役立つ教育本」

脳科学の最新知見から、目からうろこの逆転発想まで
記事へ戻る
『「賢い子」に育てる究極のコツ』(瀧靖之、文響社、1320円、税別)
『田舎のキャバクラ店長が息子を東大に入れた。』(碇 策行、プレジデント社、1404円、税込)
『一流の育て方』 (ムーギー・キム/ミセス・パンプキン、ダイヤモンド社、1600円、税別)

ライフ・教養の写真

女性たちの「他愛もないおしゃべり」という武器
「産業革命期、子どもも重労働させられた」は本当か
美少女中国人コスプレイヤー、日本アニメ愛を語る
なぜ恐竜は絶滅した?答えは素粒子物理学に
「将来どうなる?」年金を理解するための一問一答
劇的変化を遂げたウラジオストクは愛と憎しみの町

本日の新着

一覧
サウジ石油施設攻撃で判った爆撃用ドローンの破壊力
東アジア「深層取材ノート」(第4回)
近藤 大介
女性たちの「他愛もないおしゃべり」という武器
男性こそ見習うべき、会話の「内容」よりも重要なこと
篠原 信
インドネシアで民主化「後退」の兆し
国民猛反発も、汚職捜査機関「骨抜き」に続き刑法も改正の動き
大塚 智彦