米アマゾン・ドットコムは昨年9月、同社の本社があるワシントン州シアトルで、レストランの料理を配達するサービスを始めたが、それ以降、同サービスの対象地域を着々と増やしている。

1時間以内に料理を届けるサービス

 2月16日、同社は米カリフォルニア州サンディエゴでも同サービスを開始すると発表した。新たに対象とするのは、サンディエゴの16の郵便番号(ZIPコード)がカバーするエリア。また2月16日時点で、これに参加するレストランは約90店あるという。

 このレストラン料理のデリバリーサービスは、同社の会員制プログラム「Prime(プライム)」の会員向けに提供している、最短1時間以内で商品を配送する「Prime Now」で利用できる。

 利用者はPrime NowのモバイルアプリでZIPコードを入力し、レストランを探したあと、メニューを選んで注文する。すると、アマゾンの配達ドライバーがレストランに行って料理を受け取り、顧客に届ける。

 配達までの所要時間は、Prime Nowの最短時間と同じく1時間以内。だが、サービス開始以来これまでの平均時間はわずか39分だとアマゾンは説明している。

 なおPrime Nowの1時間以内配達は、1回当たり7.99ドルの配達料がかかるが、このデリバリーサービスは今のところ配達料がかからない。アマゾンによると、料理にはサービス料を加えた特別価格などは設定せず、顧客には透明性のある価格を提示しているという。

 このデリバリーサービスは昨年9月8日にシアトルの一部のエリアを対象に開始した。その後同社は、ロサンゼルス、シカゴ、オースティン(テキサス州)、ボルティモア(メリーランド州)、ポートランド(オレゴン州)にも拡大し、今回7番目の地域としてサンディエゴを加えた。