米アマゾン・ドットコムは1月20日、かねて明らかにしていた新サービス「Dash Replenishment Service(DRS)」を始めると発表した

まずはブラザーのプリンターで

 このDRSは直訳すると「Dash補充サービス」。同社には「Dash Button(ダッシュボタン)」という商品の再注文が簡単に行える消しゴム大の機器がある。

 これは、機器の前面にあるボタンを1回押すと、洗剤やひげそり刃といった消耗品をアマゾンに注文できるというものだが、DRSはこの仕組みを利用している。

 ただし、利用者がボタンを押すことなく注文が完了するという点がDRSの特徴だ。

 サービスに対応するプリンターや洗濯機にはそれぞれ消耗品の残量や使用期限を感知するセンサーなどが組み込まれており、インクや洗剤などの残量が少なくなると、アマゾンのeコマースサイトにそれらを自動注文する。

 アマゾンの今回の発表によると、ブラザー工業のプリンターでDRSが直ちに利用できるほか、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の洗濯機と、韓国フィロシスの血糖自己測定器でも1月末までに利用できるようになる。

 このうち、ブラザー工業のプリンターや複合機は45以上のモデルがDRSに対応しているという。これらの製品はすでに発売されており、購入済みの人は、ブラザー工業のウエブサイトでサービス登録し、機器の設定を行えば利用できるようになる。

 これによりカラープリンターのインクカートリッジやレーザープリンターのトナーカートリッジが自動注文できるようになる。

 また、GEの洗濯機は洗剤を洗濯量に応じて自動投入する機能「SmartDispense」があり、これとDRSが連動してアマゾンに洗剤を自動注文する。こちらは専用のモバイルアプリであらかじめ注文数などを設定しておく。

 このほかフィロシスが「Gmate」ブランドで販売している、スマートフォンと接続して使う血糖自己測定器は、採血のためのランセット針と測定センサー(試験紙)を自動注文するという。