奈良県警・留置場変死事件、遺体が叫ぶ取り調べの闇

「留置管理記録」非開示で事件終結、真相究明を願う遺族の無念
2019.9.3(火) 柳原 三佳
時事・社会
この写真の記事へ戻る
(写真は本文と直越関係ありません)
死体検案時に警察が撮影したた写真(上下とも。裁判資料より)
奈良地裁(筆者撮影)
記者会見に臨む出羽厚二教授(右。筆者撮影)

政治経済の写真

新型肺炎、政府が恐れるロシア発「五輪ボイコット」
幕末の侍が経験した「病と隣り合わせ」の決死の船旅
新型肺炎でよみがえる福島第一原発事故の悪夢
新型コロナウイルス対策としての在宅勤務ノウハウ
「ノージャパン」に新型肺炎で全役員辞表まで
相次ぐ逆転無罪、「揺さぶられっ子症候群」妄信の罪

本日の新着

一覧
新型肺炎、政府が恐れるロシア発「五輪ボイコット」
浮かび上がる、新型コロナを理由に「出場辞退国続出」という悪夢
臼北 信行
新型コロナウイルス対策としての在宅勤務ノウハウ
テレワーク専門家からの「こだわり」を捨てたアドバイス
田澤 由利
インド洋の島国スリランカで見つけたよちよち子猫
猫の名前は「プーサ」、でもこっちの猫も「プーサ」
新美 敬子
相次ぐ逆転無罪、「揺さぶられっ子症候群」妄信の罪
脳は専門外「小児科医」の意見を有罪の根拠とする検察の暴挙
柳原 三佳