発見に満ちている人工河川・利根川の“流域”

平時から身につけたい流域の視点と発想
2019.6.18(火) 佐藤 けんいち
地域経済歴史
記事へ戻る
布川(茨城県北相馬郡利根町)から利根川をはさんだ対岸の布佐(千葉県我孫子市)を見る(筆者撮影)
天皇陛下のご講演の記録『水運史から世界の水へ』(筆者撮影)
利根川下流域をゆく帆掛け船 『利根川図志』の挿絵より(筆者撮影)
新旧の『利根川図志』(筆者撮影)
「布川」がある茨城県北相馬郡利根町の位置(赤い線で囲まれた場所)。利根川をはさんだ対岸が布佐(千葉県我孫子市)(Googleマップ)
拡大画像表示
利根川を背後にして建っている赤松宗旦の旧居(筆者撮影)
布川にある「柳田國男記念公苑のパンフレット(筆者撮影)
印旛沼の位置(Googleマップ)
拡大画像表示
利根川中流域の布川でとれる鮭、『利根川図志』の挿絵より(筆者撮影)

地域の写真

働く場所は、組織よりも「街」で選ぶ時代へ
クリエイティブな産業はなぜ大都市で発展するのか
「生魚も食べられない」外国人に日本酒を広めた男
ロシア、投資獲得狙い地方間の競争が激化
日本の「地方創生」がさっぱり進展しない理由
意外に豪雨に脆い東京、自治体の危機管理は万全か