日本の「凡庸な漢籍」ゲットで習近平が大喜びの理由

文化財流出ではなく粋な対中外交だった細川コレクション寄贈
2018.7.9(月) 安田 峰俊
中国
この写真の記事へ戻る
細川家にまつわる文化財を保管する永青文庫(東京都文京区)
寄贈に懸念を示すネットの声。Yahoo!ニュースのコメント欄より
『四部叢刊』の洋装本はなんとAmazonでも売っている。お値段は100冊で9136.08ドル(約100万円)であり、その気になれば個人でも揃えられる値段だ
拡大画像表示
京大人文研が提供する、日本国内の漢籍の所蔵先を調べられるサイト『全国漢籍データベース』で『群書治要』を探した結果。元和・天明・弘化の各版本とも、各地の大学図書館にいっぱい所蔵されている
拡大画像表示
習近平の執務室の本棚に『群書治要』があることを盛んに報道する中国のTVニュース

国際の写真

感染者急増のインドネシア、活動制限令への不満充満
次のステージに入るCOVID-19対策
ますます先鋭化する米国の中国攻撃、真の狙いとは
韓国軍が発見できなくなった北朝鮮の小型無人機
中国・EVバブルで急増する車載電池の時限爆弾
中国・武漢に第2波到来?桁外れの「徹底的」対策へ

本日の新着

一覧
伝染病対策の原点、明治初期の「コレラ感染届出書」
『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第38回)
柳原 三佳
中国・EVバブルで急増する車載電池の時限爆弾
環境意識に乏しい中国に電池のリサイクル網の構築は可能か?
陳 辰
次のステージに入るCOVID-19対策
ロックダウン解除、「いつ」「なぜ」「どのように」の問題
The Economist
昼食後の猛烈な眠気には理由があった
【連載】パンデミック時代の健康管理術(第7回)
近藤 慎太郎