豪雪と酷暑を宝の山に変えた山形県金山町の錬金術

国に頼らない自立魂が、日本の資産・金山杉を作った
2013.4.3(水) 川嶋 諭
記事へ戻る
金山町の鈴木洋町長。第3回金山杉サミットで
伐採された金山杉の断面。濃いオレンジ色が特徴
樹齢70年の杉林。まだ幹は細い
真冬には住宅の1階部分はほぼ雪に埋まる豪雪地帯
金山町が建設している金山杉を使った町営住宅
積雪2メートルを超える冬でも伐採される

地域の写真

函館発、笑うに笑えない日本全国インバウンド音頭
地域再生のカギ「官民連携」はなぜ進まないのか
外と“半開き”、企業内コワーキングスペースの戦略
「たまたま」と「わざわざ」がつながりと仕事を作る
地方創生×オープンイノベーションのチカラ
「自治体CDO」の役割を神奈川県副知事が語る

本日の新着

一覧
戦国日本と明代中国、イエズス会が伝えた先端知識
【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第32回)
玉木 俊明
大災害はまた来る、異常気象を織り込んだ政策形成を
インフラ、避難ルート、イベント開催、全てを根本から見直すべき
舛添 要一
散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権
起死回生狙った「スポーツ外交」が空振り、曺国事件の挽回できず
李 正宣
AIが作曲家を不要にする現実がすぐ目の前に
「創作」とは何かを問う『電気じかけのクジラは歌う』
長江 貴士