豪雪と酷暑を宝の山に変えた山形県金山町の錬金術

国に頼らない自立魂が、日本の資産・金山杉を作った
2013.4.3(水) 川嶋 諭
記事へ戻る
金山町の鈴木洋町長。第3回金山杉サミットで
伐採された金山杉の断面。濃いオレンジ色が特徴
樹齢70年の杉林。まだ幹は細い
真冬には住宅の1階部分はほぼ雪に埋まる豪雪地帯
金山町が建設している金山杉を使った町営住宅
積雪2メートルを超える冬でも伐採される

地域の写真

働く場所は、組織よりも「街」で選ぶ時代へ
クリエイティブな産業はなぜ大都市で発展するのか
「生魚も食べられない」外国人に日本酒を広めた男
ロシア、投資獲得狙い地方間の競争が激化
発見に満ちている人工河川・利根川の“流域”
日本の「地方創生」がさっぱり進展しない理由