李 宇衍のプロフィール

李 宇衍(イ・ウヨン)

落星台経済研究所研究委員。専門は韓国経済史。 1966年、全羅南道光州生まれ。成均館大学校大学院経済学科にて経済学博士号を取得。米国ハーバード大学訪問研究員、九州大学客員教授を歴任。『戦時期日本へ労務動員された朝鮮人鉱夫(石炭、金属)の賃金と民族間の格差』などの論文発表を行うなど、戦時中のいわゆる徴用工問題について研究。最近の著書は『ソウルの中心で真実を叫ぶ』(扶桑社)、共著『反日種族主義』(翻訳版、文藝春秋)が韓国、日本で大ベストセラーとなった。

李 宇衍の人気記事

最新記事