「トップバリュ」の成長でGMSの“稼ぐ力”が回復、小売事業を復活させたイオンの商品戦略とは

PBを戦略の中心に据えて商品本位の改革を推進、「イオンにしかない独自価値」の商品が支持を集める
2024.6.14(金) 西岡 克 follow フォロー help フォロー中
経営小売・卸売
シェア17
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
2024年2月期の営業利益は過去最高益を更新したのは、小売事業が好調で、中でも課題だったGMS事業の収益力が増したことが大きい
「PBの成功の有無が企業経営に大きな影響を及ぼす」とイオンの吉田昭夫社長
PB「トップバリュ」では2023年3月に野菜や肉、海鮮素材など具材を多くした「もぐもぐ味わうスープ」シリーズを発売。「価値訴求型」と位置付けた「メインストリーム」と呼ぶ赤いラベルのブランドで展開し、好評を博した
イオンはエリアごとに企業を経営統合する地域再編を進めてきた。2024年3月には中四国で統合新会社のフジが誕生した。写真はSM業態のフジ戸坂店(広島市)
拡大画像表示
イオンリテールは2024年3月にSPA型のカジュアル衣料品ブランド「TVC」を立ち上げ、衣料品売場の主力に据えた
英国オカド社と組み、2023年7月に千葉市に建設したネットスーパー「グリーンビーンズ」の大型倉庫。子会社のイオンネクストが運営する

ビジネスの写真

中国、生成AI導入で世界トップ 多種多様に浸透
米国の「AIマンハッタン計画」追従は危険、「戦艦大和」轟沈の教訓を生かせ
J.フロント リテイリングの歴代最年少社長、小野圭一氏が見てきた百貨店業界の浮き沈みと一大転機
人の寿命は250年に!解明進む老化の正体、あと20年で「若返り」も夢ではない
B2Bマーケの第一人者・庭山氏が語る、日本企業に「マーケティング至上主義経営」が不可欠な理由
40年来の薄膜技術を活用、カネカが描く「ペロブスカイト太陽電池」が身近にある未来社会

本日の新着

一覧
米国の「AIマンハッタン計画」追従は危険、「戦艦大和」轟沈の教訓を生かせ
「アメリカファーストin AI」か「山椒は小粒」で人類初コンピューターか
伊東 乾
中国、生成AI導入で世界トップ 多種多様に浸透
特許出願件数も世界首位
小久保 重信
選挙権は18歳なのに、なぜ立候補年齢は25歳・30歳?「若者は思慮・分別に欠く」という偏見 政治的無関心を助長か
【やさしく解説】被選挙権年齢は引き下げるべき?
フロントラインプレス
衰えた室町幕府が滅亡しなかった理由、専制権力を振り回し全国制覇に邁進していた織田信長との対比
歴史から考える「権力が倒れる時」(2)
西股 総生
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。