メルセデス・ベンツ Gクラス ついにBEV化を正式発表

いまどきの自動車問答(第40回)
2024.4.24(水) 渡辺 慎太郎 follow フォロー help フォロー中
シェア21
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
画像ギャラリーへ
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
画像ギャラリーへ
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
ラダーフレームの隙間にバッテリーを敷き詰め、各車輪にモーターを配置したBEV仕様のG580 with EQテクノロジーが新たに加わった。通常であればスペアタイヤを背負う場所には、充電ケーブルを収納するボックスが備わる
現行Gクラスが初めてのマイナーチェンジを受けた。エクステリアは空力改善を目的とした意匠変更や前後バンパーの形状が刷新されている。キーレスゴーもようやく装備された(写真はG500)
現行Gクラスが初めてのマイナーチェンジを受けた。エクステリアは空力改善を目的とした意匠変更や前後バンパーの形状が刷新されている。キーレスゴーもようやく装備された(写真はG500)
音声認識機能付きのMBUXやタッチ式液晶パネル、パッド式コントローラーなど、各種装備もようやく最新版にアップデートされた。デフロックのスイッチも刷新。写真はG63だが、G580はこれが“Gターン”などのスイッチに置き換えられる
メルセデスAMG G63
AMG G63にはSLなどですでに採用されている“AMGアクティブライドコントロール・サスペンション”が標準装備された。これは4輪のダンパーのオイルを回路で繋ぎ、状況に応じてそれぞれのダンパーの減衰力を最適化するというもの
メルセデスAMG G63

産業の写真

「負けっぱなしで終われるか」 アシックス、屈辱の「箱根駅伝ゼロ」からの復活の軌跡
日本製鉄によるUSスチール買収、大型再編の効果は? 鉄鋼新聞社社長に聞く鉄鋼業界の注目動向
前国家安全保障局長・北村滋氏が警鐘、ランサムウエアの脅威と企業が講じるべき対策とは
メルカリのCISOに学ぶ「ビジネスイネーブラー」としてのセキュリティ組織とは
ファーウェイ、中国旗艦店急増 Appleとの対決鮮明
XR技術、量子コンピューター…“総合印刷会社”大日本印刷が先端テクノロジーで新規事業開発をする理由

本日の新着

一覧
ライシ大統領の死でイラン指導部に大きな打撃、最高指導者の継承計画が白紙に
Financial Times
円安加速は日銀のせいなのか?為替レートが決まる3要因と日銀が対抗できる手段を考える
政策金利や国債買い入れ額の先行きについてメッセージを出してはどうか
神津 多可思
焦点は「静岡県知事選」、岸田総理の解散戦略を占う「電撃訪朝」「茂木潰し」
新潮社フォーサイト
静岡県知事選、自民陣営に難題続出「うまずして」上川外相発言、リニア湧水…異例の「公約保留」で激戦の行方は?
川勝氏後継を決める戦いは、事実上の「与野党一騎打ち」の展開で最終盤へ
小林 一哉
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。