「自治体CDO」の役割を神奈川県副知事が語る

価値創造と課題解決を基盤から支えるデータとテクノロジー
記事へ戻る
神奈川県副知事の首藤 健治(しゅとう けんじ)氏。1991年京都大学医学部を卒業し厚生省(当時)に入省。2011年内閣官房医療イノベーション推進室企画官。2012年神奈川県保健福祉局参事監(医療政策担当)兼政策局参事監(国際戦略総合特区担当)。2013年神奈川県理事(国際戦略総合特区・医療政策担当)。2017年6月神奈川県副知事。

ビジネスの写真

アマゾンの料理宅配企業への出資を英競争当局が調査
「テレワークは大企業だけのものに非ず」は本当か?
災害に負けない日本とラグビー快進撃
アマゾンが検索広告市場で躍進
一帯一路からデジタル覇権へ舵切った中国の野望
「地に足の着いたイノベーション」を合言葉に

本日の新着

一覧
「IS兵士大量脱走」でインドネシアが厳戒態勢に
インドネシア、マレーシアが恐れる「自国出身テロリスト」の帰還
大塚 智彦
災害に負けない日本とラグビー快進撃
日本人の伝統精神で世界の経営をリードする時代が到来
瀬口 清之
大都市の防災インフラ投資は収益が上がる
堤防の建設に「地元の意見」を聞いてはいけない
池田 信夫
ものすごく「臭かった」多摩川氾濫
本質的に再検討すべき下水インフラ
伊東 乾