青い目の人形を受け入れた渋沢栄一が考えていたこと

すべての行動に「合理性」と「道徳経済合一」があった
2018.3.5(月) 有井 太郎
経営人物地域経済
記事へ戻る
『東京府名勝図絵』より、1912(明治45)年の新橋市街の様子。(写真:国立国会図書館
國學院大學経済学部准教授の石井里枝氏。東京大学経済学部卒業。同大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。三菱経済研究所研究員、愛知大学経営学部准教授を経て現職。著書に『戦前期日本の地方企業‐地域における産業化と近代経営‐』(日本経済評論社)、『日本経済史』(ミネルヴァ書房)などがある。
渋沢 栄一(しぶさわ・えいいち):1840〜1931年。埼玉県の農家に生まれ、若い頃に論語を学ぶ。明治維新の後、大蔵省を辞してからは、日本初の銀行となる第一国立銀行(現・みずほ銀行)の総監役に。その後、大阪紡績会社や東京瓦斯、田園都市(現・東京急行電鉄)、東京証券取引所、各鉄道会社をはじめ、約500もの企業に関わる。また、養育院の院長を務めるなど、社会活動にも力を注いだ。(写真:国立国会図書館

地域の写真

「自治体CDO」の役割を神奈川県副知事が語る
中国で加速する地域間連携強化の実態
寿命革命!産学官民を巻き込む弘前大学COIの挑戦
コワーキングスペースで「つながり」が生まれる理由
Kumamon donates to Notre Dame Cathedral at the Embassy of France
東日本大震災の8年前から釜石で防災教育を行ってきた理由