青い目の人形を受け入れた渋沢栄一が考えていたこと

すべての行動に「合理性」と「道徳経済合一」があった
2018.3.5(月) 有井 太郎
経営人物地域経済
この写真の記事へ戻る
『東京府名勝図絵』より、1912(明治45)年の新橋市街の様子。(写真:国立国会図書館
國學院大學経済学部准教授の石井里枝氏。東京大学経済学部卒業。同大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。三菱経済研究所研究員、愛知大学経営学部准教授を経て現職。著書に『戦前期日本の地方企業‐地域における産業化と近代経営‐』(日本経済評論社)、『日本経済史』(ミネルヴァ書房)などがある。
渋沢 栄一(しぶさわ・えいいち):1840〜1931年。埼玉県の農家に生まれ、若い頃に論語を学ぶ。明治維新の後、大蔵省を辞してからは、日本初の銀行となる第一国立銀行(現・みずほ銀行)の総監役に。その後、大阪紡績会社や東京瓦斯、田園都市(現・東京急行電鉄)、東京証券取引所、各鉄道会社をはじめ、約500もの企業に関わる。また、養育院の院長を務めるなど、社会活動にも力を注いだ。(写真:国立国会図書館

地域の写真

地方の負のスパイラル、宇都宮はLRTで逆転できるか
地方交通の「復活」を期待させる2つの潮流
サンプラザ跡地はどうする?せめぎ合う中野区議会
各地の首長も感涙、「地方再生の神様」の熱血指導
狂牛病化する大学破壊
焼酎作りで甦った限界集落、儲けた金の痛快な使い方

本日の新着

一覧
縮小する中国自動車市場、新エネ車もついに失速
高級車は好調継続、ハイエンド化が加速
花園 祐
天皇の外戚で大出世、人柄で愛された渡来系官人
平安貴族列伝(6)
倉本 一宏
ウイルスを世界に拡散、大国化を急ぎすぎた中国の罪
平均寿命の推移から考える中国の医療水準の実態
川島 博之
新型コロナウイルス騒動で国際貿易に混乱
多国籍企業の慢心があだ、世界の供給網に長期的な影響も
The Economist