「良妻賢母」を育て国力を押し上げた渋沢栄一

最晩年の彼が、病を押して社会貢献に力を注いだ意味とは
2018.2.1(木) 有井 太郎
経営人物地域経済
この写真の記事へ戻る
飛鳥山。渋沢栄一は1901年からここに居を構えた。(写真:国立国会図書館
國學院大學経済学部准教授の石井里枝氏。東京大学経済学部卒業。同大学院経済学研究科博士課程修了。博士(経済学)。三菱経済研究所研究員、愛知大学経営学部准教授を経て現職。著書に『戦前期日本の地方企業‐地域における産業化と近代経営‐』(日本経済評論社)、『日本経済史』(ミネルヴァ書房)などがある。
渋沢 栄一(しぶさわ・えいいち):1840〜1931年。埼玉県の農家に生まれ、若い頃に論語を学ぶ。明治維新の後、大蔵省を辞してからは、日本初の銀行となる第一国立銀行(現・みずほ銀行)の総監役に。その後、大阪紡績会社や東京瓦斯、田園都市(現・東京急行電鉄)、東京証券取引所、各鉄道会社をはじめ、約500もの企業に関わる。また、養育院の院長を務めるなど、社会活動にも力を注いだ。(写真:国立国会図書館

地域の写真

土中の水道管「可視化」がもたらす破壊的インパクト
地方の負のスパイラル、宇都宮はLRTで逆転できるか
地方交通の「復活」を期待させる2つの潮流
サンプラザ跡地はどうする?せめぎ合う中野区議会
各地の首長も感涙、「地方再生の神様」の熱血指導
狂牛病化する大学破壊

本日の新着

一覧
新型コロナ、隠蔽疑惑の政府にJOCが"反旗"
「開催強行突破」に向けたなりふり構わぬ姿勢に身内から反発も
臼北 信行
異例の公表、中国軍で新型コロナが大規模感染か
空軍にも海軍にも感染者、試される中国軍の「実力」
福島 香織
修験道と密教の違い:継承される力とされない力
呪術・密教はどのように生まれ、使われてきたか
池口 恵観
土中の水道管「可視化」がもたらす破壊的インパクト
漏水リスクと水道配管の資産価値を高精度で推定可能に
新潮社フォーサイト