マレーシアで猛威を振るう南洋チャイニーズ秘密結社

清朝以来の暗黒組織と地元中高生のビーバップ物語
2017.10.9(月) 安田 峰俊
中国
記事へ戻る
マレーシアの首都・クアラルンプールのチャイナタウン。中国のようで中国ではない、不思議な空間だ
マレーシアの位置。マレー半島は歴史的にインド洋と太平洋をつなぐ交易拠点で、戦前はイギリスの海峡植民地を構成していた。イギリスはアヘン戦争以来、中国南部との結びつきが強く、このことも華僑が多く移住した一因だ(Googleマップ)
今年2月、マレーシア警察に逮捕された華僑の秘密結社「24党」のメンバーの腕。どう見てもカタギではない。現地報道より
今年4月、マレーシア西海岸のセランゴール州クランにある中学校の校門前でオラつく、別の秘密結社「24党」構成員の不良少年たち。後で53人が逮捕された。現地華字紙『オリエンタル・デイリー』がYoutubeに投稿した動画から
今年4月、ペナン島で摘発された秘密結社「04党」のメンバー。この組織はインド系のメンバーが多かった。華僑以外に、マレー半島ではインドマフィアの秘密結社も多数ある模様だ。現地報道より

国際の写真

韓国の告げ口外交が米国に突き放される必然的理由
中国某地域の「交番」がコンビニ以上に密集するワケ
経済ガタガタで反日攻勢、文在寅氏の行動原理
韓国が一方的に壊した日韓の「特別な信頼関係」
中国で「ウイグル人」と誤認され尋問された日本人の話
日本人が知らぬ現実、今や世界は米国より中国を支持

本日の新着

一覧
経済ガタガタで反日攻勢、文在寅氏の行動原理
ハーバード大教授が解き明かす「ナショナリズムと自由民主主義」
高濱 賛
ジョンソンと「ケーキ主義」とブリッツ精神
EU離脱に向かう英国、第2次大戦中のような国民の結束は遠い夢
Financial Times
日米安保破棄:中国、ロシアとの同盟はあり得るか
すべての条件を徹底検証、日本にとって最も良い選択肢とは
横山 恭三
韓国の告げ口外交が米国に突き放される必然的理由
調停と日本への圧力を求めるも、米国は「両国で解決を」
古森 義久