モスクワの街で見つけた米テスラモーターの電気自動車

 3月19日に2月のロシアの主要マクロ統計が公表された。特に注目されたのは小売売上の数字で、市場予想(5.8%減)を大きく下回る前年同月比7.7%減となり、ロシアの景気後退が一段と強まっていることが明らかになった。

 昨年後半はプラス1%前後を推移していた小売売上の前年比は、12月にはルーブル急落・インフレ急伸(=物価上昇)を背景とする駆け込み需要もあり、前年比5.3%増と急回復を示した。

 この時期はロシア国民にとっては年末とクリスマス(ロシアは1月7日)を控えて消費が一番盛り上がる時期だが、銀行預金残高統計と照らし合わせてみると、多くの国民が預金を取り崩してお金を消費に回した姿が見て取れる。

 さすがに今年に入り、1月、2月は実質賃金も前年割れとなっており、ロシア人も消費を大幅に抑制しているようだ。

モスクワの景気が一目で分かる通り

消費関連指標の推移
拡大画像表示

 筆者はこの統計が発表される直前までモスクワに滞在していたので、「街角景気」を確認すべくモスクワの中心部にあるスターリ(旧)アルバート通りに出かけた。

 この通りは観光ガイドには必ず掲載されている観光名所でもあり、平日でも地元の若者、あるいは地方からやってきたロシア人で賑わっている。

 それは観光客相手の土産物と併せて多くのカフェやレストラン、特にファストフード店が軒を連ねているからである。

 筆者がまず向かったのは、2013年12月に開店したシェイク・シャック(ShakeShack)ハンバーガー店である。

 シェイク・シャックは米ニューヨーク初の高級ハンバーガー店で、今年1月にニューヨーク証取に上場したことで日本でも注目を集めている。

 ハンバーガー界のスターバックスとも呼ばれているやに聞くが、確かモスクワの店舗は以前はスターバックスの店舗であったような記憶がある。