高堀 冬彦のプロフィール

(たかほり・ふゆひこ)放送コラムニスト、ジャーナリスト。大学時代は放送局の学生AD。1990年のスポーツニッポン新聞社入社後は放送記者クラブに所属し、文化社会部記者と同専門委員として放送界のニュース全般やドラマレビュー、各局関係者や出演者のインタビューを書く。2010年の退社後は毎日新聞出版社「サンデー毎日」の編集次長などを務め、2019年に独立。

高堀 冬彦の人気記事

最新記事

今からチェックしても絶対に損しない!厳選「春ドラマ」ベスト5
高堀 冬彦2024.5.23
好調キープの『虎に翼』、中高年はもちろんZ世代まで惹きつける「作品力」
高堀 冬彦2024.4.27
『虎に翼』に漂う名作ドラマの予感、寅子のモデル「三淵嘉子」の人生も感動的だった
高堀 冬彦2024.4.9
『不適切にもほどがある!』最後の最後まで視聴者を魅了したクドカンの才能と仕掛け
高堀 冬彦2024.4.5
まさに神回、『不適切にもほどがある!』第8回のすさまじい切れ味、SNSと世間の空疎な“共犯関係”を痛烈批判
高堀 冬彦2024.3.18
『不適切にもほどがある!』はなぜ心に刺さるのか、その理由をあえて分析する
高堀 冬彦2024.3.11
「事実無根」を主張する松本人志がなぜ芸能活動を休止するのか、背景には万博
高堀 冬彦2024.1.16
なぜ名作ドラマが次々と生まれるのか、TBS『日曜劇場』の研究
高堀 冬彦2023.11.23
『どうする家康』でも顕著、中高年を軽視、若者ウケ狙うNHKに明日はあるか
高堀 冬彦2023.11.8
ジャニーズ「社名変更」でも打ち切られたCM契約がなかなか復活しない理由
高堀 冬彦2023.9.29
『VIVANT』10回中6回も拡大放送、それでもスポンサーが殺到した理由
高堀 冬彦2023.9.23
ヒット街道驀進中の『VIVANT』、凡作ドラマとは別次元の「作り込み方」
高堀 冬彦2023.8.30
今夏ドラマで独走の『VIVANT』、TBSはなぜ破格の制作費をつぎ込めた
高堀 冬彦2023.8.23
制作費で圧倒的差のNetflixに対抗できるか、ドラマ枠増やす地上波各局
高堀 冬彦2023.7.29
局にとっては大成功のTBS『王様に捧ぐ指輪』が傑作扱いされなかった理由
高堀 冬彦2023.7.7
ジャニーズ性被害問題、一部で指摘されつつも放置されてきたのは誰のせいか
高堀 冬彦2023.6.20
「TVer再生回数100万回」は本当にすごいのか
高堀 冬彦2023.5.23
4月改編で深夜ドラマが急増、地上波で何が起きているか
高堀 冬彦2023.4.9
「テレビ離れ」の真実、若者だけじゃなく50代以上もテレビを観なくなっていた
高堀 冬彦2023.3.16