慰安婦問題の解決を阻んでいるのは誰だ

田原総一朗の深層探求:元在韓国大使・武藤正敏氏(その2)
この写真の記事へ戻る
2016年9月、ラオスで開催されたASEAN関連首脳会談に出席した際に首脳会談を行った安倍晋三首相と朴槿恵大統領(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
田原総一朗:東京12チャンネル(現テレビ東京)を経てジャーナリストに。『朝まで生テレビ』(テレビ朝日)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)などに出演する傍ら、活字媒体での連載も多数。
武藤正敏:外交経済評論家。元在大韓民国特命全権大使。横浜国立大学卒業後、外務省入省。アジア局北東アジア課長、在オーストラリア日本大使館公使、在ホノルル総領事、在クウェート特命全権大使などを歴任ののち、2010年、在大韓民国特命全権大使に就任。2012年退任。著書に『日韓対立の真相』、『韓国の大誤算』、『韓国人に生まれなくてよかった』(以上、悟空出版)、『「反日・親北」の韓国 はや制裁対象!』(李相哲氏との共著、WAC BUNKO)がある。
『「反日・親北」の韓国 はや制裁対象! 』(李相哲、武藤正敏著、WAC BUNKO)
『殺されても聞く 日本を震撼させた核心的質問30 』(田原総一朗著、朝日文庫)

国際の写真

米司法長官、グーグルやFBなど保護の法律を問題視
「ノージャパン」に新型肺炎で全役員辞表まで
中国、異例の全人代延期で“責任者”探しの泥沼へ
ドイツ次期首相の最大の課題は経済衰退
日本を冷笑する韓国メディア、感謝する米国
新型肺炎、日本の杜撰な危機管理で日米同盟も大打撃

本日の新着

一覧
相次ぐ逆転無罪、「揺さぶられっ子症候群」妄信の罪
脳は専門外「小児科医」の意見を有罪の根拠とする検察の暴挙
柳原 三佳
「ノージャパン」に新型肺炎で全役員辞表まで
11社体制の韓国航空業界は再編秒読み
玉置 直司
新型コロナウイルス対策としての在宅勤務ノウハウ
テレワーク専門家からの「こだわり」を捨てたアドバイス
田澤 由利
NHKは公共放送の原点をどこにおいているのか
北方領土返還要求全国大会や関連論文から検証する
森 清勇