世紀の大発見を成し遂げた中国の恐竜ヲタ博士

中国で続々と出土する「恐竜の常識を覆す化石」
2018.3.19(月) 安田 峰俊
中国生物学
記事へ戻る
中国の内モンゴル自治区の湖・チャガンノールから出土した竜脚類ヌーロサウルスの化石。フフホト市内の内蒙古博物院にて筆者撮影
小型獣脚類デイノニクスの化石(左)と、鳥類の始祖鳥の骨格模型(右)。区別が難しいほどよく似ている。アメリカ自然史博物館で筆者撮影
2016年12月8日、シン博士らが科学誌『カレント・バイオロジー』に寄稿した琥珀内の恐竜の尾に関する論文 "A Feathered Dinosaur Tail with Primitive Plumage Trapped in Mid-Cretaceous Amber" で紹介された撮影写真。羽毛の様子がくっきりとわかる
恐竜好きの男の子がそのまま30年経った感じのシン博士。ご本人のフェイスブックページより
ラオス南部で出土した竜脚類タンヴァイオサウルスの化石。東南アジアなどの発展途上国では恐竜化石の扱いがぞんざいであることも多い。ラオス、サワンナケート恐竜博物館で筆者撮影

国際の写真

日韓関係の「泥沼」、両首脳の器量不足なら長期化も
中国の親はなぜ恐ろしいほど教育熱心なのか
世界経済の脅威となったフーシ派のドローン攻撃
大統領とメディアの戦い、本家は米でなくフィリピン
中国共産党のウイグル弾圧は日本でも行われていた
「親中」に逆風が吹き始めた台湾総統選

本日の新着

一覧
日韓関係の「泥沼」、両首脳の器量不足なら長期化も
日韓ともに決定的に欠く相手の立場から思考する習慣
舛添 要一
宗教改革をより強固にしたルターのマーケティング力
【連載】ビジネスに効く! 世界史最前線(第26回)
玉木 俊明
ジャイアンツはこのまま独走してしまうのか?
井端弘和氏に聞く、セ界一強を止めるチームとは?
黒田 俊