世紀の大発見を成し遂げた中国の恐竜ヲタ博士

中国で続々と出土する「恐竜の常識を覆す化石」
2018.3.19(月) 安田 峰俊
中国生物学
この写真の記事へ戻る
中国の内モンゴル自治区の湖・チャガンノールから出土した竜脚類ヌーロサウルスの化石。フフホト市内の内蒙古博物院にて筆者撮影
小型獣脚類デイノニクスの化石(左)と、鳥類の始祖鳥の骨格模型(右)。区別が難しいほどよく似ている。アメリカ自然史博物館で筆者撮影
2016年12月8日、シン博士らが科学誌『カレント・バイオロジー』に寄稿した琥珀内の恐竜の尾に関する論文 "A Feathered Dinosaur Tail with Primitive Plumage Trapped in Mid-Cretaceous Amber" で紹介された撮影写真。羽毛の様子がくっきりとわかる
恐竜好きの男の子がそのまま30年経った感じのシン博士。ご本人のフェイスブックページより
ラオス南部で出土した竜脚類タンヴァイオサウルスの化石。東南アジアなどの発展途上国では恐竜化石の扱いがぞんざいであることも多い。ラオス、サワンナケート恐竜博物館で筆者撮影

国際の写真

ゴミ処理誤りウィルス拡散? 強権体制が招いた大失態
トランプ再選は世界にとって危険だ
新型コロナに怯える中国での生活、一変した上海の今
米大統領選現地リポ:激変した戦法
日本で育った密教、いよいよ中国に帰る
新型肺炎で日本製造業の脱・中国依存は一気に進むか