グータラ読書家・さわ子と味わう読書の秋

本の世界に誘ってくれる3冊の本
この写真の記事へ戻る
『バーナード嬢曰く。』(施川ユウキ著、一迅社、668円、税込)
『よちよち文藝部』(久世番子著、文藝春秋、950円、税別)
『図書館の主』(篠原ウミハル著、芳文社、590円、税別)

ライフ・教養の写真

新型コロナ感染症に保険で備えることはできる?
自粛生活のお供、テレビが見事につまらなくてつらい
ペットフード用にネズミ肉まで培養!
織田信長の築城革命!安土城から始まった近世の城
1970年代のクラフトワーク
なんで雪山では「眠るな、死ぬぞ!」と叫ぶのか

本日の新着

一覧
コロナで変わるモノづくり、「地産地消」がカギに
アフター・コロナのモノづくり現場(第1回)
日本能率協会コンサルティング
織田信長の築城革命!安土城から始まった近世の城
教養として役立つ「日本の城」(20)
西股 総生
「自分の地元をめちゃくちゃにしないで」 死亡した黒人男性の弟
BBC
世界が注目する「死者ゼロの国ベトナム」
まともな解析に「日本の奇跡」など登場しない
伊東 乾