赤坂 真理のプロフィール

赤坂真理(あかさか・まり)

1964年東京生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒業。アート誌『SALE2』の編集長を経て、95年「起爆者」で小説家に。体感を駆使した文体で、人間の意識を書いてきた。小説に『ヴォイセズ/ヴァニーユ』『ミューズ』(野間文芸新人賞受賞)『ヴァイブレータ』など。『ヴァイブレータ』は寺島しのぶと大森南朋主演で映画化された。2012年、アメリカで天皇の戦争責任を問われる少女を通して戦後を見つめた『東京プリズン』(河出書房新社)が大きな話題となり、戦後論の先駆に。同作で毎日出版文化賞など三賞を受賞。大きな物語と個人的な感覚をつなぐ独自の作風で、『モテたい理由』『愛と暴力の戦後とその後』(講談社現代新書)など社会批評の作品も多い。

赤坂 真理の人気記事

セクハラという言葉の影に隠れている違和感
赤坂 真理2020.11.18

最新記事