松本 大介のプロフィール

1977年、盛岡市生まれ。2001年さわや書店入社。入社6年目の2007年にロングセラー『思考の整理学』(筑摩書房)のポップをつくり、200万部超の大ヒットにつなげる。その後も『震える牛』『限界集落株式会社』(ともに小学館)などのベストセラーをさわや書店から送り出した。

2018年『本屋という「物語」を終わらせるわけにはいかない』(筑摩書房)を出版。2019年さわや書店を退社。現在は本紹介記事の執筆、雑誌やウェブなどへ寄稿するかたわら、講演や著者との対談などを行い、本にかかわる全般へと活動の幅を広げている。

以前の記事一覧はこちら

松本 大介の人気記事

最新記事