材料と付け合わせ、昭和のハンバーグはこう進化した

「栄養と料理カード」でたどる昭和レシピ(11)ハンバーグ
2019.11.15(金) 三保谷 智子
芸術文化
この写真の記事へ戻る
ハンバーグステーキ。ひき肉を主な具材にして焼くことで、肉汁のあふれる料理となる。
『栄養と料理』1954(昭和29)年2月号の「栄養と料理カード」。出来上がりは絵で表現。カードの表にも裏にも右下に食品の広告が入っている。
拡大画像表示
1960(昭和35)年1月号の「栄養と料理カード」は、初めてカラーになった第1号目。材料の肉は牛赤身のひき肉100%。やわらかく練ったバターに肉を加えて肉だねを作るのは、口当たりと風味をよくするためか。
拡大画像表示
1970(昭和45)年10月号「栄養と料理カード」。4人分を大皿に盛り合わせ、取り分けて食べる。大皿の周囲にサラダ菜を敷く盛りつけ方にも時代の流行を感じる。
拡大画像表示
1971(昭和46)年9月号。ミートローフは見栄えのよいパーティ料理になる。ここにも練りがらしが添えてある。
拡大画像表示
1975(昭和50)年12月号「誌上料理教室」より。ハンバーグステーキの材料やその割合、作り方、焼き方などを徹底的に分析。これは大量調理にも応用がきくデータになる。
拡大画像表示

ライフ・教養の写真

エキゾティシズム溢れるクルアンビンの世界
乾貴士が振り返るリーガ5年目と残った悔い
企業のホームページは情報の宝庫①
日本で韓流ブーム、韓国では日本文化は「不適切」
戦後75年・蘇る満洲国(1)旅順、建国への助走
「応挙寺」大乗寺にある応挙らしからぬ大胆な掛け軸

本日の新着

一覧
ITが教える会社経営の大きな落とし穴
ウィンドウズ3.1でユーチューブを見ようとしていませんか
山川 隆義
アップルが独り勝ちだった4~6月のスマホ市場
サムスンや中国大手は大幅減もiPhoneは25%増
小久保 重信
日本で韓流ブーム、韓国では日本文化は「不適切」
日韓友好を志向するならまずは「文化交流の非対称性」指摘を
崔 碩栄
乾貴士が振り返るリーガ5年目と残った悔い
ぶつかったメンタルの壁、久保建英、そしてこれから
豊福 晋