「共産党関連本排除」で甦るインドネシアの歴史の闇

浮かび上がる、犠牲者100万人ともされる「虐殺の記憶」
記事へ戻る
2019年6月5日、インドネシアのバンダ・アチェのモスクで、ラマダン明けの祝祭で祈りを捧げるイスラム教徒たち(写真:ロイター/アフロ)
『アウト・オブ・キリング』(監督:ジョシュア・オッペンハイマー、クリステーヌ・シン)

国際の写真

劇的変化を遂げたウラジオストクは愛と憎しみの町
中国が狙う台湾侵攻の手順と方法
MIT襲うエプスタイン疑惑の深い闇
韓国球団「日本キャンプ続々中止」の裏に文政権の影
香港市民がデモ隊の「暴力」を容認する切実な理由
ロンブー淳の大学院「入院」は「入学」ではない

本日の新着

一覧
「笛吹き男」の復讐、子供の集団失踪事件はなぜ起きた
ハーメルンの笛吹き男の物語が、虚構とはいえないこれだけの理由
阿部 謹也
劇的変化を遂げたウラジオストクは愛と憎しみの町
留学に大失敗した私が、あえて留学を薦める理由
徳山 あすか
中国が狙う台湾侵攻の手順と方法
日本の安全保障に欠かせない台湾防衛
渡部 悦和
トリチウム風評被害、解決できるのは進次郎氏だけだ
無責任体制が先送りし続けた海洋放出
池田 信夫