「たまたま」と「わざわざ」がつながりと仕事を作る

コワーキングスペースの未来を見据える専門家の視線(前編)
この写真の記事へ戻る
コワーキングスペースに込められた「仕掛け」とは。
2人が対談を行った「co-ba jinnan」。(写真提供:ツクルバ)
國學院大學経済学部准教授の山本健太氏。博士(理学)。東北大学大学院理学研究科博士課程修了。九州国際大学特任助教、同助教、同准教授を経て現職。地理学の視点から日本の経済・地域経済の振興を研究する。「ひたすら歩き、話を聞くことで地域の経済が見えてくる」を信条に、フィールドワークを中心とした実証主義に基づく研究を続ける気鋭の地域経済専門家。
ツクルバ代表取締役CCO(チーフ・コミュニティ・オフィサー)の中村真広氏。1984年千葉県生まれ。東京工業大学大学院建築学専攻修了。建築家 塚本由晴氏のもとで学ぶ。不動産デベロッパーの株式会社コスモスイニシアに新卒入社、その後ミュージアムデザイン事務所にて、デジタルデバイスを活用したミュージアム展示や企画展などの空間プロデュースを経験。環境系NPOを経て、2011年8月に株式会社ツクルバを共同創業。代表取締役CCOに就任。デザイン・ビジネス・テクノロジーを掛け合わせた場のデザインを行っている。

ビジネスの写真

米司法長官、グーグルやFBなど保護の法律を問題視
新型コロナウイルス対策としての在宅勤務ノウハウ
みずほシステム統合、追い続けたIT誌編集長の評価
アマゾン、医師や看護師による仮想診療所サービス
みずほ銀行システム統合、無事完了しても残る不安
米空軍発祥のOODAループ、産業界でも大活躍

本日の新着

一覧
幕末の侍が経験した「病と隣り合わせ」の決死の船旅
『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第30回)
柳原 三佳
米司法長官、グーグルやFBなど保護の法律を問題視
「制定時の1996年とは状況が異なる」と指摘
小久保 重信
相次ぐ逆転無罪、「揺さぶられっ子症候群」妄信の罪
脳は専門外「小児科医」の意見を有罪の根拠とする検察の暴挙
柳原 三佳
新型肺炎、政府が恐れるロシア発「五輪ボイコット」
浮かび上がる、新型コロナを理由に「出場辞退国続出」という悪夢
臼北 信行