つらいぜんそく、服薬の負担を減らす医師の挑戦

クラウドファンディングが医療の未来を開く
2017.12.13(水) 川上 祥子
医療健康
記事へ戻る
小児ぜんそくの診察にあたる東京慈恵会医科大学附属第三病院 小児科の勝沼俊雄医師。
研究に取り組む、勝沼医師(左から2番目)とチームの皆さん。

ライフ・教養の写真

上原浩治「正座をして見た」工藤公康さんのピッチング
企業とスポーツとの協働が注目される理由
上原浩治明かす「遅い球」と言われて勝ち続けた理由
日本代表ベスト8へ、ラグビー3つのルール
戦国日本と明代中国、イエズス会が伝えた先端知識
散々なサッカー南北戦、なのに北を擁護の文在寅政権