高齢者の骨折は多職種チームで治療せよ!

富山市立富山市民病院の「大腿骨近位部骨折患者に対する多職種連携アプローチ」
2017.12.12(火) 西原 潔
医療健康
この写真の記事へ戻る
増えていく高齢者の骨折に対して、どのような医療体制が望まれているのか。
富山市立富山市民病院 整形外科医の澤口毅氏。
富山市立富山市民病院 整形外科医の重本顕史氏。
富山市立富山市民病院 内科医の清水暁子氏。
富山市立富山市民病院 病棟看護師の犬嶋博美氏。
富山市立富山市民病院 ソーシャルワーカーの仙石佳代氏。

ライフ・教養の写真

伝染病対策の原点、明治初期の「コレラ感染届出書」
昼食後の猛烈な眠気には理由があった
家計管理の第一歩! 保険やスマホの固定費を節約
インフレか増税か、コロナ後に富裕層を待ち受ける禍
1960年代は、映画、自動車の黄金時代だった
医療保険と医療共済、違いはなに?

本日の新着

一覧
伝染病対策の原点、明治初期の「コレラ感染届出書」
『開成をつくった男、佐野鼎』を辿る旅(第38回)
柳原 三佳
ますます先鋭化する米国の中国攻撃、真の狙いとは
矛先は国内の「北京の回し者」バイデン氏にも
高濱 賛
激変する雇用環境、再び就職氷河期を生まない方策は
景気対策、雇用対策、働き方改革の取り組みを
PublicLab編集部
いつまで経ってもステマがなくならない裏側の理由
広告業界の常識?バレないし、いざとなったらトカゲの尻尾切り
花園 祐