知られざる高級米の産地、カンボジア

その大半はタイやベトナムにOEM供給されている
2012.7.11(水) 髙 虎男(Ko Honam)
この写真の記事へ戻る
バッタンバン市内中心地。市内のランドマークタワー的な位置づけであるナッ・マーケットの時計台(著者撮影、以下同)
バッタンバン市内から30キロほど離れた肥沃な米作地帯。3期作可能なエリア
バッタンバン現地農家を巡回するコメ買い付けトラック
“刺し(サシ)”で籾の品質をチェックするコメバイヤー
バイヤーによるサック(籾の入った袋)の計量チェック。キロ当たりの価格で売買されるため、売り手・買い手とも真剣
価格合意されたサックはトラックに運び込まれる
バッタンバン州コンピンプイのJC Foods農場。230ヘクタール(東京ドーム約50個分)の広さで、日本からの技術を取り入れながら稲作を行う。日本製コンバインで稲の収穫中

国際の写真

米国の研究機関に堂々と巣食う中国のスパイたち
米国デモ過激化、「アンティファ」黒幕説は本当か?
ドナルド・トランプと人種に基づく選挙の可能性
世界が注目する「死者ゼロの国ベトナム」
牙をむくドラゴン、恐怖による支配が始まった
アフターコロナで蠢く「世界総トランプ化」の悪夢

本日の新着

一覧
自粛生活のお供、テレビが見事につまらなくてつらい
これでいいのかテレビ局は?まったく見る気がしないんだけど
筆坂 秀世
米国の研究機関に堂々と巣食う中国のスパイたち
「チャイナイニシアチブ」でスパイ摘発に力入れる米国
山田 敏弘
ドナルド・トランプと人種に基づく選挙の可能性
米国各地で吹き荒れる抗議デモ、社会不安が広がる長い夏に
Financial Times
ペットフード用にネズミ肉まで培養!
ポストコロナの成長市場、培養肉開発の最前線を見る
長野 光