電動化したメルセデス・ベンツ Gクラスの実力は? オンロードとオフロードでマイルドハイブリッドモデルと比較試乗

いまどきの自動車問答(第41回)
2024.5.20(月) 渡辺 慎太郎 follow フォロー help フォロー中
自動車
シェア9
このエントリーをはてなブックマークに追加
この写真の記事へ戻る
画像ギャラリーへ
画像ギャラリーへ
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Gクラス史上初となるBEVとなるG580 with EQテクノロジー。ボディやシャシーは基本的に内燃機仕様と共有する。最大航続距離は473km、最高速は180km/hに制限されているが、0-100km/hは4.7秒の俊足の持ち主でもある
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
画像ギャラリーへ
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
画像ギャラリーへ
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
各車輪に設けられた4個のモーターを個別に制御することで、その場で回転できるGターンや、最小回転半径を小さくするGステアリングなど、内燃機仕様では実現不可能な機能をG580は備えている
バツテリーの完全防水化により、渡河水深は内燃機仕様よりも増えて850mmを実現。最低地上高も内燃機仕様よりも高くなっている。「BEVになって柔くなった」と言われないよう、オフロード性能には徹底的にこだわったそうだ
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-Benz G 580 with EQ Technology
Mercedes-AMG G 63
Mercedes-AMG G 63
Mercedes-AMG G 63
オンロード重視と思われがちなAMGでも、新しいサスペンションシステムを採用することでオフロードの走破性をさらに向上させることに成功した。今回から、V8を搭載するのはAMGのG63のみとなる
Mercedes-AMG G 63
Mercedes-AMG G 63
Mercedes-AMG G 63
Mercedes-AMG G 63
Mercedes-AMG G 63
Mercedes-Benz G 450 d
Mercedes-Benz G 450 d
Mercedes-Benz G 450 d
インテリアの風景は、従来型から大きく変わらない。センターのディアスプレイはタッチ式、ダイヤル式コントローラーはパッド式にそれぞれあらためられている。ADAS(運転支援機能)や音声認識などもアップデートされた
Mercedes-Benz G 450 d
Mercedes-Benz G 500
Mercedes-Benz G 500
Mercedes-Benz G 500
Mercedes-Benz G 500
Mercedes-Benz G 500

産業の写真

ホンダ「WR-V」は「マッタリ」してる!新コンパクトSUVを350km試乗して驚いたハンドリング、実感した大人気のワケ
再選狙う小池都知事がぶち上げていた「満員電車ゼロ」「多摩格差ゼロ」の鉄道整備計画は本当に実現できるのか?
「国宝級」企業の上場計画、基本運賃89ペンスの地下鉄がイデオロギー的な対立の主戦場になるワケ
欧州に突きつけられたEVの高率関税に反発、報復を示唆した中国のリスク
ベストセラー『ユニクロ』が紐解く、地方商店街の紳士服店だったユニクロが強烈に成長し続ける理由
「戦後初の赤字」から急回復、住友電工の再建を支えた“教育”の大きな力

本日の新着

一覧
身を捨てて部下をかばった、鹿児島県警の本田警視長
「詰め腹」を切って正義を守った「国家老」の魂
伊東 乾
BTSやBLACKPINK は韓服好きアピールで愛国心示す?K-POP世界席巻の陰で韓国が焦る伝統衰退、反日感情に飛び火も…
平井 敏晴
何もしないのに勝ち切りそうな俺たちの女帝・小池百合子と、都知事選は落ちてもいい蓮舫の残念な現状
【山本一郎ズアイ】鳥獣戯画化する東京都知事選と困り果てる東京都民、もうちょっとマシな戦いにはならなかったのか
山本 一郎
再選狙う小池都知事がぶち上げていた「満員電車ゼロ」「多摩格差ゼロ」の鉄道整備計画は本当に実現できるのか?
小川 裕夫
フォロー機能について

フォロー機能とは、指定した著者の新着記事の通知を受け取れる機能です。
フォローした著者の新着記事があるとヘッダー(ページ上部)のフォロー記事アイコンに赤丸で通知されます。
フォローした著者の一覧はマイページで確認できます。
※フォロー機能は無料会員と有料会員の方のみ使用可能な機能です。


設定方法

記事ページのタイトル下にある「フォローする」アイコンをクリックするとその記事の著者をフォローできます。


確認方法

フォロー中の著者を確認したい場合、ヘッダーのマイページアイコンからマイページを開くことで確認できます。


解除方法

フォローを解除する際は、マイページのフォロー中の著者一覧から「フォロー中」アイコンをクリック、
または解除したい著者の記事を開き、タイトル下にある「フォロー中」アイコンをクリックすることで解除できます。