緩和ケアは「死に支度」でなく「生きるための医療」

対話で「生きる力」の再構築を試みる西智弘医師に聞く
2019.7.17(水) 坂元 希美
医療時事・社会健康
この写真の記事へ戻る
西 智弘医師(撮影:幡野広志)
西智弘医師は2017年に「暮らしの保健室」を運営する「一般社団法人プラスケア」(https://www.kosugipluscare.com/)を設立した (撮影:幡野広志)
『がんを抱えて、自分らしく生きたい がんと共に生きた人が緩和ケア医に伝えた10の言葉』(西 智弘著、PHP研究所)
西 智弘(にし ともひろ):川崎市立井田病院 かわさき総合ケアセンター腫瘍内科/緩和ケア内科 医長(日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医) 一般社団法人プラスケア代表理事、リレーショナルアーティスト 2005年北海道大学医学部卒。室蘭日鋼記念病院で家庭医を目指して初期研修中、がんで苦しむ患者さんが「魔法のように」元気になっていく緩和ケアの技術を目の当たりにして緩和ケア医を志す。2007年から川崎市立井田病院で総合内科/緩和ケアを研修したが、終末期のみを中心とした当時の緩和ケアの関わりに限界を感じ、抗がん剤治療を学ぶことに。2009年から栃木県立がんセンターにて腫瘍内科を研修。2012年から川崎に戻り、抗がん剤治療と緩和ケアが統合された診療システムを構築。在宅診療にも関わり、「抗がん剤治療から在宅まで」を実践している。また一方で、一般社団法人プラスケアを2017年に立ち上げ代表理事に就任。「暮らしの保健室」「社会的処方研究所」の運営を中心に、地域での活動に取り組む。2018年から、リレーショナルアーティストとして「奢られる人奢る人」「まちへの手紙」「花言葉」などの作品を発表している。著書に『緩和ケアの壁にぶつかったら読む本』(中外医学社)、『「残された時間」を告げる時』(青海社)がある。 【Twitter】@tonishi0610 【Web】https://www.kosugipluscare.com/ (撮影:幡野広志)

国内の写真

日本で土砂災害が多発する理由とは?
地球環境問題の解決と人の自己実現を目指すプラチナ社会
研究者も勘違い? 科学には「3つの作法」がある
さらば食品ロス、古い商品から売れていく劇的解決策
訪日外国人増加の大弊害、万引き天国になる日本
天皇に関係する場所が深い“森”に覆われている理由

本日の新着

一覧
経済対策抜きの「都市封鎖」なら国民生活は危機に
再度言おう、この非常時を生き抜くため全国民に「10万円」を
舛添 要一
インドネシア、首都封鎖を躊躇させる治安悪化の懸念
普段は柔和だが、一度火が付くと手が付けられない国民性を警戒
大塚 智彦
マスクだけで万全?「3密」国会でコロナ対策の倒錯
国会議員が疑問視「これでわれわれは国民の代表者と言えるのか」
寺田 学
大使の「台湾のWHO参加容認」発言翻す中国の迷走
大使発言を伝える報道を「フェイク」扱いする巨竜・中国の狭量さ
吉村 剛史