文在寅は「何が韓国の国益か」を理解していない

田原総一朗の深層探求:元在韓国大使・武藤正敏氏(その3)
記事へ戻る
2019年5月18日、1980年に民主化運動を韓国軍が武力弾圧した「光州事件」の犠牲者追悼式で演説する文在寅大統領(写真:YONHAP NEWS/アフロ)
田原総一朗:東京12チャンネル(現テレビ東京)を経てジャーナリストに。『朝まで生テレビ』(テレビ朝日)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)などに出演する傍ら、活字媒体での連載も多数。
武藤正敏:外交経済評論家。元在大韓民国特命全権大使。横浜国立大学卒業後、外務省入省。アジア局北東アジア課長、在オーストラリア日本大使館公使、在ホノルル総領事、在クウェート特命全権大使などを歴任ののち、2010年、在大韓民国特命全権大使に就任。2012年退任。著書に『日韓対立の真相』、『韓国の大誤算』、『韓国人に生まれなくてよかった』(以上、悟空出版)、『「反日・親北」の韓国 はや制裁対象!』(李相哲氏との共著、WAC BUNKO)がある。
『殺されても聞く 日本を震撼させた核心的質問30 』(田原総一朗著、朝日文庫)
『「反日・親北」の韓国 はや制裁対象! 』(李相哲、武藤正敏著、WAC BUNKO)

国際の写真

韓国の告げ口外交が米国に突き放される必然的理由
中国某地域の「交番」がコンビニ以上に密集するワケ
経済ガタガタで反日攻勢、文在寅氏の行動原理
韓国が一方的に壊した日韓の「特別な信頼関係」
中国で「ウイグル人」と誤認され尋問された日本人の話
日本人が知らぬ現実、今や世界は米国より中国を支持

本日の新着

一覧
緩和ケアは「死に支度」でなく「生きるための医療」
対話で「生きる力」の再構築を試みる西智弘医師に聞く
坂元 希美
アマゾンは今も家庭用ロボットを開発中
家の中を動き回る「アレクサ」登場か
小久保 重信
中国某地域の「交番」がコンビニ以上に密集するワケ
中国で加速するウイグル弾圧、「監獄社会」の異様な全貌(中編)
福島 香織
ジョンソンと「ケーキ主義」とブリッツ精神
EU離脱に向かう英国、第2次大戦中のような国民の結束は遠い夢
Financial Times