中国が威信かける「世界最大の空き地」開発

黄金の宝地・曹妃甸、企業誘致はこれから
2010.5.20(木) 梨元 勇俊
記事へ戻る
高台から見下ろす「唐山南湖」。湖の一帯は公園として市民の憩いの場になっている
「唐山南湖」の今昔。もとは廃棄物の山だったと立て看板がでている

国際の写真

下り坂の中国自動車市場で日系メーカーが大躍進
中国が皇居・官邸の3D地図入手、北朝鮮にも流出か
今なお続くインドネシア「スカルノ一族支配」の構図
世界経済の行方、景気悪化に身構える市場
中国で加速する地域間連携強化の実態
日韓対立激化、沈黙の中国はこう観察していた